株式会社坂ノ途中が、ラオスにてWFPと共同で持続可能なコーヒー生産プロジェクトを開始

株式会社坂ノ途中は「100年先も続く、農業を。」をビジョンとした、持続可能な農業を目指している企業だ。「環境負荷の小さい農業を広げる」「多様性を排除しない流通のしくみをつくる」「ブレを楽しむ文化を育てる」の3つの指針を基に、農家と密に協力しながら事業を行っている。

坂ノ途中では、2016年からラオス北部ルアンパバーン県にて、アグロフォレストリーを通じた新保全とコーヒー農家の収入向上に取り組んできた。この取り組みにより、品質の高いコーヒー栽培と森林保護を共存してきたことが評価され、WFPと現地パートナーのサフロンコーヒーと共同で新たなプロジェクトを開始した。


WFPによると、ラオス北部では以下の問題が発生している。

5歳以下の子どもたちのうち33%が発育阻害の傾向がある

5歳以下の子どもたちのうち44%と、15歳~49歳の女性のうち39%が貧血状態

生後6ヵ月~23ヵ月の乳幼児のうち十分に栄養が取れているのは4人に1人

妊産婦の半数以上が推奨量とされる栄養が不足している

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000041621.html

ラオス北部はコーヒー栽培に適した土壌であるが、これまでコーヒーを栽培してこなかったため知見が乏しい。そこで本プロジェクトを通じて、坂ノ途中・WFP・サフロンコーヒーが「苗木の配布」「栽培/収穫技術の提供」「コーヒーチェリーの加工設備の導入」などを行うことで、コーヒー農家の収入向上と生活・栄養状態の改善、現地の森林保全が行われることを目指す。

本プロジェクトの実施期間は3年間。2026年までにポンサーイ郡ではコーヒーチェリーの収量を2.4倍に、ビエンカム郡では収量を25倍にすることを目指している。

坂ノ途中
坂ノ途中 | サステナブルな有機野菜と食品通販 農薬や化学肥料に頼らず育てられた野菜の定期宅配をはじめ、環境に配慮してつくられたコーヒーや調味料などの加工品を扱っています。
よかったらシェアしてね!

この記事の編集者

下谷 航希のアバター 下谷 航希 編集長

現在25歳。大学3年生の頃に子ども食堂の運営に携わり、社会貢献をしている人たちが大変な思いをしながら社会貢献活動をしていることを知る。その後、地方創生ツアーやメンタルケアアプリ制作などを行い、2023年に社会課題解決に尽力する人たちの課題を解決するメディア「ソーシャルエッグ」を立ち上げ。現在はソーシャルエッグのインタビューやメディア運営、学生へのソーシャルビジネス講座などを行っている。

目次