妊婦が多く訪れる観光地でカフェインレス飲料を製造・販売する「株式会社モアカル」

「地域にココロオドル仕事づくりを」をコンセプトに事業を行う、兵庫県豊岡市発のローカルベンチャー「株式会社モアカル」。モアカルでは、豊岡市役所と共同で豊岡市で事業を立ち上げる「起業合宿プロジェクト」や、行政と連携した移住支援事業などを行っている。モアカルは、地域独自の産業を創出したり、地域の仕事を増やすことで、若者がより良い職業を選択できる地域づくりを目指している。

そんなモアカルは、2023年に新しく「カフェインレス飲料」製作・販売事業を開始した。モアカルの会社がある豊岡市は子宝・安産の象徴でもあるコウノトリの観光地として、人気を博している。そのため、豊岡市を訪れる観光客の中には妊婦も多くいるが、妊婦はカフェインの過剰摂取を禁じられている。そこでモアカルが、豊岡市で美味しいカフェインレスコーヒーの開発に乗り出したというわけだ。

香りが薄かったりコクが出にくいカフェインレスコーヒー特有の問題を解決するため、豊岡市の焙煎所「ヒグラシ珈琲」に製造の協力を依頼。試行錯誤を重ねることで、適切な配合と焙煎具合によるコクが深いカフェインレスコーヒーの開発に成功した。現在は、豊岡市内の観光地や商業施設などで、ポップアップストアとしてカフェインレスコーヒーの提供を行っている。今後はECストアやふるさと納税での販売や、コーヒー以外のカフェインレス飲料の開発に着手していく予定だ。

moacal|地域にココロオドル仕事づ...
株式会社モアカル|地域にココロオドル仕事づくりを 兵庫県豊岡市発、“地域の可能性を広げる” ローカルベンチャー『moacal(モアカル)』。企業の支援や新産業の創出、 イベント事業や若者の起業サポートなどの活動を行い、 ...
よかったらシェアしてね!

この記事の編集者

下谷 航希のアバター 下谷 航希 編集長

現在25歳。大学3年生の頃に子ども食堂の運営に携わり、社会貢献をしている人たちが大変な思いをしながら社会貢献活動をしていることを知る。その後、地方創生ツアーやメンタルケアアプリ制作などを行い、2023年に社会課題解決に尽力する人たちの課題を解決するメディア「ソーシャルエッグ」を立ち上げ。現在はソーシャルエッグのインタビューやメディア運営、学生へのソーシャルビジネス講座などを行っている。

目次